Skip to content

24/11/2022 Press release

和歌山製油所における持続可能な航空燃料の製造に関する事業化調査について

TotalEnergies(CEO:Patrick Pouyanné、以下「トタルエナジーズ」)とENEOS株式会社(社長:齊藤 猛、以下「ENEOS」)は、SAF製造に関する事業化調査(フィージビリティスタディ、以下「本検討」)を、既存設備の有効活用や各種条件を総合的に勘案した結果、当初のENEOS根岸製油所(神奈川県横浜市)からENEOS和歌山製油所(和歌山県有田市)へ変更することとしましたので、お知らせいたします

本検討対象の設備では、主に廃食油、獣脂といった廃棄物や余剰物原料とし、将来的に年間約30万トン(40万KL)SAF製造を想定していますまた、両社SAF製造合弁会社を設立する予定です。

両社は引き続き、それぞれの知見と専門性を活かし、日本におけるSAFの持続可能な量産供給体制を2026年までに構築することを目してまいります。

 

【参考】

2022年4月14日 ENEOS根岸製油所における持続可能な航空燃料の製造に関する事業化調査について

https://www.eneos.co.jp/newsrelease/upload_pdf/20220414_05_01_2008355.pdf

2022年1月25日 当社石油製品の生産・供給体制の再構築について

https://www.eneos.co.jp/newsrelease/20220125_01_01_2008117.pdf

 

トタルエナジーズとSAF

トタルエナジーズはSAFを開発しています。これには獣脂や廃食油などのサーキュラーエコノミーの廃棄物や残留物から作られたバイオ燃料や、再生可能な合成(e-jet)燃料が含まれます。持続可能な航空燃料は航空輸送によるCO2排出を大きく削減します。

***

日本におけるトタルエナジーズについて

1957年に日本初のオフィスを設立して以来、トタルエナジーズは世界中で日本企業と石油・ガスの生産、天然ガス、ハイテク潤滑油、航空機燃料、化学製品、ソーラーパネルの販売などの分野で事業を拡大してまいりました。持続可能な開発を中心に、日本におけるトタルエナジーズは4つの太陽光発電所、太陽光分散型発電事業、SAF, 洋上風力開発など再生可能エネルギー事業に取り組んでいます。トタルエナジーズの完全子会社であるバッテリーの設計・製造大手であるサフトやスペシャリティケミカルズのハッチンソンも日本にオフィスを置いています。

トタルエナジーズについて

トタルエナジーズは、石油、バイオ燃料、天然ガス、グリーンガス、再生可能エネルギーと電力を生産・販売する総合エネルギー企業です。10万人以上の従業員は、より安価で信頼性が高く、クリーンなエネルギーをできるだけ多くの人々に届けることに取り組んでいます。トタルエナジーズは130ヶ国以上でビジネスを展開し、あらゆる側面で持続可能な開発を事業や運営の中心として、人々の幸福に貢献しています。

 

TotalEnergies Contacts

Media Relations: +33 (0)1 47 44 46 99 l [email protected] l @TotalEnergiesPR

Investor Relations: +33 (0)1 47 44 46 46 l [email protected]

Twitter:  @TotalEnergies

LinkedIn:  TotalEnergies 

Facebook:   TotalEnergies 

Instagram:  TotalEnergies

Cautionary Note

The terms “TotalEnergies”, “TotalEnergies company” or “Company” in this document are used to designate TotalEnergies SE and the consolidated entities that are directly or indirectly controlled by TotalEnergies SE. Likewise, the words “we”, “us” and “our” may also be used to refer to these entities or to their employees. The entities in which TotalEnergies SE directly or indirectly owns a shareholding are separate legal entities. This document may contain forward-looking information and statements that are based on a number of economic data and assumptions made in a given economic, competitive and regulatory environment. They may prove to be inaccurate in the future and are subject to a number of risk factors. Neither TotalEnergies SE nor any of its subsidiaries assumes any obligation to update publicly any forward-looking information or statement, objectives or trends contained in this document whether as a result of new information, future events or otherwise. Information concerning risk factors, that may affect TotalEnergies’ financial results or activities is provided in the most recent Universal Registration Document, the French-language version of which is filed by TotalEnergies SE with the French securities regulator Autorité des Marchés Financiers (AMF), and in the Form 20-F filed with the United States Securities and Exchange Commission (SEC).