Skip to content

トタルエナジーズの取り組み

より良いエネルギーへにコミットする10万5千人の従業員が、より安全で、より経済的で、クリーンで、効率の高い、革新的ながら入手しやすい製品やサービスをグループの世界中のお客様にお届けすべく尽力しています。

トタルエナジーズは、その活動の中心に企業の社会的責任(CSR)を据えており、以下の方針に従って事業を運営しています。

  • 社員とその施設の安全と保安を確保する
  • 環境負荷を制限する
  • 行動規範を事業分野に確実に適用する
  • 持続可能な開発の課題を踏まえ事業活動にあたる
  • 各地域における事業拡大にあたっては、現地の利害関係者との対話を方針の中核都市、共有価値を創造することでグループが事業を行う地域の経済的および社会的な発展に貢献する
  • 平等な機会を提供し、人材の多様性と文化的融合を促進する

トタルエナジーズの プロジェクト

トタルエナジーズ・ グループのパートナー

株式会社 INPEX(INPEX)は、日本最大の石油・ガス探鉱開発・生産(E&P)企業です。

トタルエナジーズとINPEXの協力は1967年にインドネシア・東カリマンタン州マハカム(Mahakam)沖鉱区の開発から始まりました。

その後、下記プロジェクトなどを通じて両社のパートナーシップは更に拡大してきました。

  • アラブ首長国連邦 (ADCO 《アドコ》鉱区、ABK《アブアルブクーシュ》油田…)
  • オーストラリア(イクシスLNGプロジェクト)
  • カザフスタン(カシャガン油田)
  • アゼルバイジャン(BTCパイプライン)
  • アンゴラ(ブロック14鉱区)
  • など・・・

三井物産株式会社は日本の総合商社です。

トタルエナジーズと三井物産は、イタリア南部のテンパロッサ陸上油田の開発・生産で協力しています。